プニュプニュ二の腕ダイエット

短期間でできるダイエットは危険?


3日から10日間くらいで3キロから10キロくらい落とすことが出来る短期間集中ダイエットは人気があります。ですがこの方法、本当は体にとってとっても危険な方法だということは知らないという人も多くいます。

短期間で行う集中ダイエットが危険な理由はどうしてでしょうか?短期間で行う集中ダイエットの多くは、極端な食事制限を行うことで、摂取カロリーをできるだけ抑えるというものがメインです。

体に蓄積したエネルギーを消費させて体重を減らすというものです。単純に脂肪だけをエネルギーに変えてくれるのであればよいのですが、食事制限をすることで体のさまざまなところに本来必要になる多様な栄養素も摂取できなくなり、身体は不足する栄養を骨や筋肉から取り入れようとし、さらに出来るだけ消費を抑えようと働きます。

その結果起こるのは、骨がもろくなる、肌や髪がパサパサになる、疲れやすくなるといった現象です。短期集中ダイエットによって身体のあちこちがボロボロになってしまうんです。

ダイエットをやめると今度は不足したものを補い、そしてまた不足することがないように蓄積しようとする働きが起こります。これがリバウンドで、短期集中ダイエットを行うと逆に太りやすくなってしまうんです。